ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 転職

薬剤師のドラッグストアへの転職のポイント

薬剤師が現在の職場に不満があって転職に踏み切る場合、その理由をみてみると、「やりがいが感じられない」がトップを占め、「管理者など人間関係の不満」が2位にあげられ、「当直がある。夜遅くまで残業がある」、「転勤が多く生活が安定しない」、「給料などもっと条件のいい職種に転職したい」などの理由が並びます。

一方、それを受け入れる側の求人数の動向をみてみると、転職したいジャンル一位となる「調剤薬局」は医薬分業の推進で門前薬局が近年急激に増加し、求人数も横ばいで安定しています。また、淘汰の時代に突入したといわれるドラッグストアチェーンですが、大手ドラッグチェーンの事業規模拡大に伴う出店数は依然として勢いが衰えることなく、この調剤薬局とドラッグストアチェーンの求人数を併せると、現状、病院や製薬会社など他の業態の求人数を圧倒的な数字で上回っているのです。

そのうち、ドラッグストアを希望する理由のひとつに業界の規模があります。ドラッグストア業界は、今や10兆円産業ともいわれ医薬業界を牽引するほどの勢いです。全国規模で網の目のように出店網が拡がり、さまざまなことにチャレンジできる要素が無限に広がっている選択肢の多い業界といえそうです。

大型店舗ものきなみ増加し、調剤薬局併設の店舗や、医院など医療機関をテナントに置いて、調剤とOTCの小売業をトータルに展開する「メディカルビル」も近年注目されるひとつとなりました。ひと口にドラッグストアに転職したといっても、以前のようにOTC業務や販売のみに関わるというだけでなく、薬剤師免許を有効活用して希望の条件に適った仕事を探せるのです。

病院勤務からの転職希望のほとんどは、「夜勤や休日出勤が多く、プライベートが安定しない」ことや、「臨床に関する知識や注射薬など薬剤師としての専門性が高く責任が重たいわりに、給与やボーナスなど収入面に反映されず、病院によってはドラッグストアや調剤薬局より低く設定されている」などの不満があります。収入面ではMRがトップですが、求人条件に販売経験3年以上という条件を指定しているところも多く、また歩合による収入面のばらつきが躊躇する理由にあげられています。

これらの要因がさまざまに絡み合ってドラッグストアへの求職数を着実に伸ばしている理由といえるでしょう。ドラッグストアへの転職を希望するならば、企業ごとの事業の展開状況や各店の業態、そこでの職務内容や取扱商品までを入念に調べておくことが、転職を成功へ導く第一歩といえます。転職フェアなどに出かけていく方法もありますが、今は手軽にアクセスできる就職サイトに業界の事情に詳しい専門アドバイザーが常駐していますので、転職理由を自分なりに整理して賢く検討するのもひとつの方法かもしれません。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師