ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 時短勤務可

時短勤務可のドラッグストアの薬剤師求人を探すなら!

薬剤師の求人情報を見ると、「時短勤務可」と書かれている募集をしばしば掲載されています。通常週5日で1日8時間労働の条件で、正規職員は勤務することになります。しかし週2~3日くらいの勤務とか、午前中だけ勤務といった通常よりも短い労働時間で勤務できる案件があります。多くのスタッフを採用し、福利厚生のしっかりしているドラッグストアで、このような時短勤務を認めているケースが多いです。

薬剤師はほかの職種と比較すると、女性の占める割合が比較的高いです。女性薬剤師の場合、今は独身でも将来結婚する可能性も十分あります。結婚して赤ちゃんのできる可能性も出てくるでしょう。そうなると仕事の他にも、家事や育児のための時間を確保する必要が出てきます。このため、今までのようなフルタイムの労働が難しくなるかもしれません。赤ちゃんの頃は手が離せないので、長時間労働はなかなか難しいです。このような時に時短勤務を認めてくれると、両立がしやすくなります。

短時間で勤務するのであれば、アルバイトやパート扱いで勤務する方法も確かにあります。アルバイトやパートでも短時間勤務をすることは可能です。しかし上で見てきた時短勤務とパートやアルバイトと大きく異なるのは、雇用形態は正社員扱いである点です。つまりボーナスの出るドラッグストアであればボーナスを受け取れますし、会社の福利厚生も短時間勤務であっても活用できます。もちろんフルタイム労働をしている薬剤師よりは給料は少ないです。しかしアルバイトやパートと比較すれば、もらえる給料は多めです。

ドラッグストアを見てみると、多種多様な働き方で求人の出ていることが分かります。週1日だけでもOKという案件もあれば、1日3時間だけ勤務できるような求人も見られます。どのような条件であれば、無理なく勤務できるかを考えて、情報収集しましょう。

ドラッグストアの求人の中には、単発の募集もしばしば出ています。1週間程度の勤務とか、1日だけ勤務できるような募集も見られます。家事や育児との両立の未経験者は、どのような働き方なら無理なく両方できるかが分からないという人もいるでしょう。お試しとして単発の仕事をまず始めて、そこから本格的な転職先を探す方法もあります。単発であれば、保育園に預けなくても近くに実家があれば、子供を自分の親に預けて勤務することもできるはずです。このように時短の案件は、ドラッグストアを中心に日本全国で出ています。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師