ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 退職金

ドラッグストアで働く薬剤師の退職金ってどれくらい!?

転職する際に気になることの一つが、退職金は支払われるのかということです。仕事を辞める時には退職金が出るかどうかで、次の仕事を見つけるまでの猶予期間が変わってきます。また、会社によっても退職金の支給基準が異なりますので、できれば退職金がしっかりと払われるところに勤めた方が良いに決まっています。それで、転職先を決めるときにも、退職金の支給基準を参考にすることができるでしょう。

一般的な話として、退職金を支払うか支払わないかは、会社によって全く異なり、当然その支給額の基準も企業によってかなり差があります。そのため、ドラッグストアで働いた場合に、薬剤師がどのくらいの退職金がもらえるかという相場を決めるのはかなり難しいのです。一例として、勤務5年ほどの薬剤師の場合は、50万円から80万円という企業があります。また、25年勤続の場合だと、300万円ほどが支払われるというケースもあります。一方で、中小規模の企業の場合だと、7年働いても20万円も出ないというところもあり、かなり企業による差が大きいと言えるでしょう。出ないよりはマシという考えでいた方が良いかもしれません。

しかし、上場しているような大企業だと、退職金の基準もしっかりとしていて、それなりの額が出ます。全国規模で展開しているドラッグストアチェーンや、大企業のグループ会社の場合は、15年以上勤めると500万円を超えるケースもあります。しっかりとした退職金が欲しいのであれば、大企業に勤めるのが有利だと言えるでしょう。

どのくらいの期間働いたら退職金が支給されるかということですが、多くの会社では3年以上連続して勤務を続けた場合に、退職金の支給対象となるという基準を設けています。この期間に満たない時は、退職金は一切出ませんので、転職を考えている時には、退職金がもらえる期間に達しているかということを考えるのも重要でしょう。また、5年以下の勤続だと支給基準は低いものの、その期間を超えると支給基準がぐんと高くなるという条件を設定していることもあります。会社によっても異なりますので、細かい内容を確認してみると良いでしょう。

退職金はどこでも長く勤めあげた人にたくさん支給するという原則がありますので、できるだけ長く働ける会社を選び、まとまった額の退職金をもらえるようにすることが重要です。そのためにも、快適で長く働き続けられるような会社を選ぶようにしましょう。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師