ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 第二新卒

第二新卒歓迎のドラッグストアの薬剤師求人を探すなら!

薬剤師の中には、まだキャリア3年くらいで前の職場を辞めてしまった人もいるでしょう。このような第二新卒を対象にした求人ですが、たくさんあります。第二新卒の求人の中で特にドラッグストアでは日本全国的に、広く募集される傾向が見られます。最近のドラッグストアの傾向として、店内に調剤薬局を併設している所が増えています。このため、薬剤師資格を持ったスタッフを募集しているのです。

しかもドラッグストア業界では薬剤師不足が深刻といわれています。2013年のデータによると、ある大手ドラッグストアでは日本全国で1500人の薬剤師採用を目標にしていたと言われていたくらいです。このように業界全体で薬剤師の深刻な人材不足の状況が続いているので、第二新卒でまだキャリアが十分ではない人でも採用される可能性は十分あります。就職・転職サイトをチェックしても、「第二新卒歓迎!」と書かれているような求人をしばしば見かけます。

売り手市場になっているということは、待遇などをチェックして応募先を決められます。現在ドラッグストアでは少しでも多くの薬剤師を確保するため、より魅力的な条件を提示して募集を出しています。パートタイマーの募集でも、時給で4000円台の募集の出ている店舗も実際にあるくらいです。これほどの条件で薬剤師の募集を行っている所は、調剤薬局ではなかなかないでしょう。第二新卒の正社員待遇の案件でも、年収600万円くらいの条件を提示しているお店も見られます。より良い待遇で転職しようと思っている第二新卒の薬剤師がいれば、ドラッグストアにターゲットを絞ってみましょう。

第二新卒の方が転職活動をするにあたって、タイミングも重要なのをご存知でしょうか?第二新卒がより良い条件で転職するのなら、5~7月がねらい目です。なぜかというと、新卒の薬剤師を確保できなかったドラッグストアの中には、ここで第二新卒の募集をかけることが多いからです。また新卒で採用予定だった人が、薬剤師の国家試験に落ちて採用できなくなった時の穴埋めのケースもあります。さらにこの時期新卒で、職場になじめない、仕事が合わないなどの理由で離職するケースも多いです。この人材補填で募集の出る場合も見られます。

いずれにせよ、このような事情でドラッグストアが募集をかける場合、薬剤師資格を持っている人であれば、とにかく欲しい人材なのです。よって、魅力的な条件で転職できる可能性も広がります。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師