ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 離職率

ドラッグストアで働く薬剤師の離職率!

よく耳にする言葉に「薬剤師は転職するほどに価値が上がる」といつた、転職志向とったことがあげられます。こうしたプラス志向で転職を考える場合はポジティブでいいのですが、不満をもって転職する場合も薬剤師の業界には多いといえます。

転職の動機にあげられるのが、「人間関係」がトップです。医師との人間関係がうまくいかない、看護師との人間関係がうまくいかない、上司や同僚との人間関係がうまくいかないなどの理由で転職を考える場合が多いようです。また、単調な仕事に精神的にまいってしまい、漠然とやり甲斐が感じられないことを理由に職場を離れたくなることもあるようです。

ドラッグストアでは医師や看護師と接する機会が少ないので、上記のような転職理由は考えにくいですね。単調な仕事がイヤになって辞めたくなると言う理由もドラッグストアでは考えにくい部分があります。どちらかといえば、仕事量が多すぎて負担になって辞めたくなる。学生時代に思い描いていた薬剤師の仕事とは違う。休日出勤が負担になり、ワークライフバランスがとりにくいなどの理由のほかに、転勤が頻繁で生活が安定しにくい、もっと好条件の職場に転職したいという理由が上位を占めます。

企業によって組織形態や仕事内容が複雑になりつつあるドラッグストア業界では、離職率も高いものの、転職して希望条件が叶うという転職成功法も数多く存在しています。「時間外労働がどれぐらいあるのか」や、「有給がどのタイミングでとれるか」、「自宅通勤は可能なのか」、「給料や賞与はどれぐらいアップするのか」、「仕事の範囲はどのくらいか」、「希望の仕事に就けるのか」は転職の目安にしたいチェックポイントです。

初任給が他に比べて高く設定してあり、役職手当や時間外労働の手当が加算されるのみに留まり、長く勤めても昇給の伸び率が少ないという企業もあります。チェーン展開のスピードが早いため、新設の店舗に常にまわされて、いつも転勤転属が絶えないという企業もあります。最も過酷なのが、あれもこれもと深夜までやらされたあげく、閉店後に売り上げの集計までしなければならないために、精神的負担とともに体力的な限界に喘ぐという、肉体労働系の職場です。

面接の際に面接官に直接尋ねるのもためらわれるところがありますので、転職アドバイザーなどを通じて、企業の事前調査をしておくのも成功法のひとつといえるでしょう。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師