ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 採用試験

ドラッグストアの採用試験で役立つ自己PRとは!?

薬剤師不足でこのところ薬剤師の求人は急上昇しています。なかでも、ドラッグストアの薬剤師求人率はめざましい伸び率を示し、将来性を見越して大企業に思い切って転職したいと考えている薬剤師も多いことでしょう。では、ドラッグストア業界では一体どんな人材を求めているのでしょう。

ドラッグストア業界は病院や調剤薬局と違い、流通業界に位置し、小売り販売を主体とする業態ですから、企業側の考え方として業績を延ばすための顧客満足度が経営方針の一番重要なポイントとなってきます。そのため、売り場マネージメントの工夫や商品の品揃え、競合他社との差別化などの企業戦略と切り離して考えることはできません。

そのため、求める人材として「コミュニケーション能力」の次に採用条件に上げられるのが、「やる気のある人」つまり意欲です。意欲といってもがむしゃらに仕事をこなすというわけではなく、新しいアイデアや創意工夫に富んだ発想ができるような弾力性に富んだ人材を求めているのです。

転職時に心がけたいことは、転職動機を明確にすることです。この会社で何に取り組みたいのか、今までの経験で何を貢献できるのか、さらにはこんなことを発想しますといったような、プレゼンテーション能力をうまくアピールできるような自己PRを事前に考えておきたいものです。

接客とは切り離すことができない業界なので、コミュニケーション能力は最重要です。来客だけでなく、医薬品のメーカー担当者や販売部門の卸売り業者など、他業種の人との交流が活発なので、幅広い知識の蓄えも必要です。一般常識としての礼儀や言葉遣い、外見からくる印象もとても大事で、笑顔で話し、ソフトな印象をつくれるように心がけ、説明も理路整然とわかりやすく説明できるように気を配っておきたいものです。趣味の幅が広いのも、画一的でない印象を与えますので、学生時代にはこんなことに取り組みましたといったことも、自己PRに付け加えましょう。

また、管理薬剤師として迎えたい企業が多く存在しますので、薬剤師としての専門知識も欠かすことができません。市販薬に関する知識はざっとおさらいして受け答えできるようにしておきましょう。薬剤師の専門知識も必要ですが、それ以上に管理者として幅広い視野で物事を広範囲にみて、従業員や業者さんにまで隅々にまで気を配れる人を求めています。表計算ソフトなどは勤務に必ず必要となってきますので、扱えるようにしておきたいひとつです。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師