ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 就職

薬剤師のドラッグストア就職のポイント

多くの企業の場合、ドラッグストアに勤めると、医薬品販売員としてお客様の症状にあった市販薬を販売する業務と、顧客相談窓口としてOTCやサプリメントなどの情報の相談を行う仕事が中心です。しかし、このところさまざまな業態を展開する企業が増え、調剤薬局併設店では処方箋を専門に調剤する調剤業務、漢方を扱うドラッグストアでは漢方専門員といった業務もあります。さらにはプライベートブランドの開発や研究に携わる開発研究業務や、このところ普及しつつある在宅医療の訪問員まで、配属される部門や企業の方向性によって仕事内容はさまざまです。

最も募集の多い店舗勤務をみてみると、病院や調剤薬局の職場には薬剤師の人員がある程度確保されていますが、ドラッグストアの場合は管理薬剤師としての人材を募集している場合が多く、配置数は1店舗に多くても数人。少なければ1人となり、そのため入社当初より責任のある仕事を任されるのがほとんどです。管理薬剤師は薬事法に沿って店舗内の設備および医薬品などに気を配って事故が起こらないように監視する義務を負います。薬局に勤める従業員の管理を行なうのも管理薬剤師の仕事です。

とはいっても、ドラッグストアは小売業が中心ですから、それに伴って売り場内のディスプレイを工夫するマネージメント業務や、市場の動向を調べて商品の仕入れを調整管理するマーケティング業務など、薬剤師の職能とはまたちがった業務がさまざまに付加されてくる場合があります。

企業規模が大きければ大きいほど、薬剤師の専門性が確率されており、企業規模が小さいほど、上記の業務内容を数多く平行して担当する傾向にありますから、高給という言葉に踊らされてすんなり採用されてしまったのはいいけれど、入社してからの仕事内容が多すぎるということがないように、就職前にはその辺りの事情をきちんと調べておくことが肝心ですね。

また、企業内セミナーや資格取得制度なども活発で、薬剤師の専門領域だけでなく、ストアマネージメントなどの幅広い研修内容を揃えている企業が多く存在し、スキルアップしたい人にはそのあたりも魅力です。さらに、企業によっては、病院や調剤薬局とは違い、実力主義で短期間に大きく昇進昇格できる企業もあります。ほとんどがベンチャー志向をもった中規模のチェーン店ですが、自分の実力を試してみたい人にはこうした企業のキャリアパス制度は魅力といえるかもしれません。希望する仕事条件を叶えてくれるのかをよく調べて、将来的な夢に挑戦してみるのもいいかもしれません。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師