ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 面接対策

薬剤師がドラッグストアへ転職する際の面接対策

ドラッグストアへの薬剤師転職で、不安が最も大きいのが面接です。面接では、採用側の面接官の質問に的確に答える必要があり、面接官から求められる逆質問に対しても、相手の興味関心を引く質問を提起することが必要です。初めての転職の場合や、前回の転職からブランクが空いてしまった人であれば、面接が大変と感じるかもしれません。だれもが苦手と感じる面接をパスするために、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。またドラッグストア業界の事情を良く知ることで、面接に必要なノウハウも得られます。

面接対策でまず求められるのが、志望動機に関する質問に答えることです。ドラッグストアへの転職が初めてであれば、どのような動機でドラッグストアに転職することを決めたのか、なかなか出てこないこともあることでしょう。

志望動機を考える際には、いくつかのポイントに的を絞って準備することが大切です。まずはドラッグストアの企業理念に関する知識を得ることです。企業理念は勤務する従業員が共有すべき会社の憲法のようなものです。企業理念を理解し、ドラッグストアが目指す方向性に対してどのような印象を持ったのかを考えるようにしてください。

もう一つ考慮できるのが、自分は就職後に会社にどのように貢献できるかということです。ドラッグストア採用担当者が注目するのは、求人に応募する薬剤師のビジョンです。採用側は企業を愛し、経営に積極的に貢献してくれる人材を求めています。ただ高額報酬を得たいから、とかこれまでの仕事が自分に合わなかったので、別の仕事にしたいと思ったという考えでは、企業に貢献しようという気持ちが出てこないはずです。それで自分をどのように仕事で役立たせることができるかを、良く考えるようにしましょう。そうすることで、おのずと答えが出てくるはずです。

ドラッグストアへの薬剤師転職で、面接対策に行き詰ってしまうことがないように、利用できるサポートがあります。求人情報サービスは、転職エージェントを配置して面接対策を無料で行なっています。医療業界出身の転職エージェントであれば、ドラッグストアの薬剤師面接でどのような質問がされるか、ある程度予測を立てることができます。これまでも数多くの転職をサポートしてきた実績があるため、ドラッグストアの面接対策をしっかり立てることができるのです。またドラッグストアの採用担当者とのコミュニケーションを通じて相手の性格なども把握していますから、適切なアドバイスができます。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師