ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 産休・育休

産休・育休取得実績があるドラッグストアの薬剤師求人を探すなら!

ほかの職種と比較して、薬剤師は女性の割合が高いと言われています。女性薬剤師の場合問題になるのは、結婚・出産に伴い職場を一時離れることもある点です。将来結婚して出産することになれば、育休や産休がどうなっているかを転職の際に知っておく必要があります。

育休と産休は、労働基準法や育児・介護休業法に明記されています。ですから女性の労働者は当然のことながら誰もが持っている権利です。産前休暇は出産予定日からさかのぼること42日、産後休暇は出産の翌日から56日保証されています。また育児休業に関しても、1歳に満たない子供のいる男女は休業する権利があります。ちなみにこの間も、育児休業給付金と呼ばれるお金が出ます。ただしそのように法律ではなっているのですが、すべての薬剤師の職場で育休や産休が保証されているかといえば、そうではないです。あからさまなことをしてくるケースはさすがに少なくなっていますが、それとなく妊娠した女性に対して退職を勧めるといった事例はまだあるようです。

将来のことを考えて、育休・産休のきちんとした職場を探すのも女性は真剣に検討してみるべきです。そのような条件で探してみると、ドラッグストアの求人が多数ヒットするはずです。ドラッグストアは、日本全国にチェーン展開しているような大手の運営している店舗も数多くみられます。このような大手ドラッグストアは、福利厚生のしっかりしている所が多いです。産休や育休をきちんと用意している所が多いですし、育休から復帰した時も当面は時短勤務できるとか、最初はパートタイマー扱いで、子供に手がかからなくなったところでフルタイム待遇にするといった措置をとっているケースも見られます。

一方調剤薬局の場合、大手のチェーン展開している所であれば、育休や産休がきちんとしている所はあります。しかし個人経営しているような少数精鋭の調剤薬局だと、なかなか育休や産休を取るのが厳しい場合も少なくありません。ルールはルールとして、少人数で運営している場合、一人人材が抜けるのは痛いからです。

産休・育休制度のきちんとしているドラッグストアを探すほかにも、ママさん薬剤師の多い所を見つけるのもコツです。ママさん薬剤師が多く在籍しているドラッグストアであれば、育児に関する理解が進んでいると言えます。しかも育児の経験者が周りにいると、自分が子育てをしている時に壁にぶち当たった時、いろいろなアドバイスがもらえます。子育てしやすい環境で仕事をするなら、ドラッグストアはおすすめです。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師