ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 給料

ドラッグストア勤務の薬剤師の給与はどれくらい!?

薬剤師勤務のうち、年収がトップなのは製薬会社で、年収が800万円以上に達する企業もあります。しかし、製薬会社のMRの場合は歩合給がその給与の多くを占めるため、成果主義をスタイルにする一般企業と変わらず、経済動向や個人の営業能力に左右されるところが難しい点です。

製薬会社の研究開発職は600万円以上とおおむね高給待遇ですが、専門課程を卒業した人材を求める傾向にあり、さらに6年制課程の導入で、研究開発課程の学士と博士課程を終了した新卒学生を積極的に採用することが予想されて、転職の採用人数としてはあまり期待できない数字が予想されています。

MRの次にランクするのが、ドラッグストア勤務の場合です。ドラッグストアチェーンの平均年収は400万円~800万円と幅広く、勤続年数や企業によっても異なりますが、初任給の格差が20万円にのぼる高給の企業もあり、満足度が高いのが現状です。賞与も高めに設定されており、病院勤務の条件がなかなか改善されないのに比べると、安定した基本給が得られて、各種手当てなどの基本給以外の付加所得が大きな数値を占めるため、この好条件に魅力を感ずる人も多いようです。

企業別にみてみると、やはりマツモトキヨシホールディングスが業界ランクの首位を占め、平均年収は800万円弱と、ここ数年で100万円以上の上昇率をみせ、ドラッグストア業界内でもダントツの推移を示しています。また、ここのところめざましい推移をみせて注目株となっているのが、ファルコSDホールディングです。平均年収の伸び率はここ数年で200万円の上昇率をみせ、年収の上昇率では見逃すことの出来ない堂々のトップです。これらの企業の給与の進捗率の背景には企業特有の事業展開が鍵となっています。

平成22年度の統計によると薬剤師の平均年収は518万円。過去10年間の推移をみてみても、相次ぐリストラや給料削減、ボーナスカットなどで揺らいでいる他業種に比べると、常に安定した数値を保って、好況、不況など社会情勢に流されない堅い職種のひとつといえるでしょう。収入面を転職理由に考えるならば、さらに上昇路線にあり、ますます他業態を引き離す上昇曲線を描くドラッグストア勤務は注目したいところです。それを左右していく市場動向はこれからの転職において決して見逃すことができない転職の有力情報になってくことでしょう。

東京証券取引所一部上場を果たすこうした大手企業が小規模な業態の企業を吸収合併し、さらには他業種と業務提携し、グループ展開やチェーン展開を拡大させていく傾向にあり、市場規模の拡大とともに給与条件も高待遇にあがっていくことが予想されています。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師