ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 主婦歓迎

主婦歓迎のドラッグストアの薬剤師求人を探すなら!

薬剤師は性別で見ると、女性の占める割合の比較的多い職種です。女性薬剤師の場合、結婚して家庭を持つと、仕事と家事の両立という課題がのしかかります。結婚しても引き続き薬剤師として活躍したいと思っているなら、無理なく家事との両立のできるような働き方に対応している職場を見つけることです。薬剤師を募集している所の中には、1日のうち数時間だけ勤務とか1週間で数日だけ職場に出て仕事してくれるような人材でも採用してくれる事例は案外多いです。無理ない労働時間で勤務できれば、家事との両立もしやすいはずです。

主婦薬剤師の中には、出産や育児などでしばらく職場を離れてしまった人もいるでしょう。そのような人の中には、ブランクがある自分を採用してくれるだろうか、といった不安を抱く人もいるでしょう。しかし結論から言えば、ブランクのある薬剤師でも積極的に採用している所は結構あります。薬剤師を採用する側は、実務経験を持っている即戦力を求める傾向があります。未経験者を採用すると、仕事の進まない可能性があり、現場の停滞が懸念されるからです。ブランクがあっても実務経験があれば、少しやり方を教えれば、カンが戻る可能性は高いです。新卒を採用するよりもメリットがあるため、実際求人情報を見ても「ブランクのある人歓迎」といった募集がしばしば出ています。

もし主婦で薬剤師の仕事を探しているのであれば、ドラッグストアの求人に応募するのがオススメです。ドラッグストアの求人を見てみると、主婦の方でも働きやすい条件で募集しているケースが多いです。週に2~3日だけ職場に出てくればOKとか、午前・午後だけといった案件も見られます。短時間の仕事であれば、家事との両立もやりやすいはずです。

ドラッグストアを見てみると深夜遅くまで営業しているとか、24時間営業している所も結構多いです。この場合、薬剤師が一人もいない状態になると薬の販売ができなくなります。このため、短時間でも勤務してくれる薬剤師を強く求める傾向が見られます。早朝とか深夜の時間帯に勤務できると、かなり重宝します。

ドラッグストアに転職するにあたって、家事だけでなく子育てに関する理解度がどうかもチェックしておきましょう。子どもは急に熱を出すとか怪我したなどで、早退や休みを急きょとることも出てきます。同僚に迷惑を掛けますが、理解があれば快く休みや早退を認めてくれるはずです。主婦薬剤師がどのくらいいるかも応募先を決める判断材料に使ってみませんか?

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師