ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 将来性

ドラッグストア勤務の薬剤師の将来性について

近年医療・医薬品業界は制度改正が相次ぎ、めざましく流動しています。さまざまに変化する時代の要請によって、このところ薬剤師の周辺環境はめざましく変化し、なかでも全国規模で拡大するドラッグストアチェーンではあらゆる分野に薬剤師の活躍場が拡がり、需要がどんどん拡大しています。

このほど開始された登録販売者制度では、薬局といった登録商標を持たないコンビニのような形態でも、登録販売者の資格を持つものが常駐していれば薬を販売できるようになりました。一見、もう薬剤師はいらないの?と思われがちですが、実は、一般薬には一類、二類、三類のリスク分類があり、飲み合わせなどでリスクの一番高い一類薬品を販売するには薬剤師が常駐することが義務づけられているのです。

単に薬を販売する目的でリスクの高い一類医薬品を扱う店が減少するなかで、一類医薬品を扱う店が希少価値としてステイタスがあがり、その分、唯一一類医薬品を扱える有資格者の薬剤師の専門能力も市場価値として向上しているのです。

また、セルフメディケーションへの考え方が一般の人にも浸透し、健康への関心は今や留まるところを知りません。そんななかで、健康への相談窓口の拠点となるのが、ドラッグストアのお薬相談室なのです。ここで働く薬剤師は一般薬から専門薬、先発薬から後発薬までさまざまなタイプの医薬品の知識を持ち、サプリメントなどの栄養補助食品の専門的な知識も持ち合わせていなければなりません。医薬品全般のプロフェッショナルとして、薬剤師としての職能が注目される現場といえるのです。

また、医薬品開発はいままで製薬会社の独壇場でした。しかし、医薬品や商材の自社ブランド開発を手掛けるドラッグストアチェーンも増え、ドラッグストアチェーンに勤務しながら商品開発に関わるという選択肢も広がってきています。

さらに、在宅医療の普及で、医療チームを組んで訪問医療に貢献するサービスを推進するドラッグストアも増加してきています。患者さんの自宅を訪問した際、処方箋調剤だけでなく、患者さんの健康管理からメンタルケアまでを薬剤師が担当していきます。販売や調剤といった限られた分野だけでなく、医療従事者としても薬剤師の職域は広がっているのです。このように、これからのドラッグストアの形態はますます枝葉のように派生して、さまざまな分野で薬剤師の活躍が期待されているのです。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師