ドラッグストア薬剤師求人ガイド
TOPページ > 年収500万円以上

年収500万円以上のドラッグストアの薬剤師求人を探すなら!

結論から言いますと薬剤師が、年収500万円以上で勤務することは決して夢物語ではありません。厚生労働省の調査によると、薬剤師の平均年収とほぼ一緒です。ちなみにこのデータの平均年齢を見ると、30代です。20代でまだキャリアの十分でない人なら年収500万円オーバーはいささか難しいかもしれませんが、30代であれば十分狙える金額です。薬剤師の職場は何種類かありますが、年収500万円超えを希望するのなら、転職先はドラッグストアにターゲットを絞るべきです。特に薬剤師の主要な勤務先の調剤薬局と比較すると、ドラッグストアの方が待遇はいいです。

調剤薬局を見てみると、地域や薬局の規模で待遇はかなり変わってくるようです。年収600万円程度もらっている人もいれば、年収360万円程度の人も見られます。最近の傾向としては、地方の調剤薬局で慢性的な人材不足の状況に陥っています。このため待遇をつり上げて人材を確保する動きが見られ、10年以上のキャリアを持っている人で年収800万円くらいもらえる案件もあることはあります。ただし調剤薬局によって、ピンキリが実情です。

ドラッグストアの場合、全般的に待遇は安定していることがうかがえます。スタートの時点で、すでに年収400万円くれるような募集もざらにあります。そしてキャリアを積んでいけば、年収500万円を確保するのは調剤薬局と比較すれば簡単とみられています。ドラッグストアで勤務している薬剤師の中には、店長として働いている人も少なくありません。店長クラスになると、年収は700万円を超えることもあります。年収500万円を超えるような職場を希望するのなら、ドラッグストアの方が見つかりやすいのは確かです。

年収を今よりもアップしたいと思っているのなら、スキルアップすることも大事です。さまざまな経験を積んで、周囲の人たちの信頼を勝ち取ることで給料をあげることも可能です。そのほかには関連する資格を取得することも大事です。例えば、薬剤師の上級資格として、管理薬剤師と呼ばれる資格があります。管理薬剤師の資格を持っていると就職活動の際の有力な武器になります。ドラッグストアの採用試験を受けた際に、年収500万円以上の条件で採用を提案してくれる可能性も高まります。年収を上げるためには情報収集も大事ですが、自分の薬剤師としての価値を高め、少しでも自分を高く売る姿勢を持つことも重要です。

薬剤師求人サイトランキング
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師