TOPページ
ドラッグストア薬剤師求人ガイド
リクナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 リクナビ薬剤師
  • リクナビ薬剤師はリクルートグループが情報網を駆使し運営する優良転職サイトです。
  • 運営母体は東証一部上場のリクルートグループ。実績と信頼性は業界№1です。
  • リクナビ薬剤師でご紹介している求人の75%が非公開求人となっています。
  • 大手企業から小さな薬局まで、幅広く求人を用意・紹介しています。
  • リクナビ薬剤師を利用した「97.3%」の薬剤師が希望の条件で転職ができています。
  • 全国に広がる情報網があるからスピード転職も可能。わずか3日で再就職という実績も。
  • 転職後の勤務条件や給与などの交渉はキャリアコンサルタントが代行してくれます。
  • 面接の日程調整や退職手続きの方法など、転職に伴うわずらわしい手続等をサポート。
薬キャリ
対応エリア 全国
サイト詳細 薬キャリ
  • 薬キャリを運営する会社は東証一部上場企業のエムスリーグループです。
  • 30,000件以上の求人を保有しています。これは業界最大級の求人数を誇ります。
  • 無料登録で個人では入手できない希少な求人を適切なアドバイスで紹介してくれます。
  • 複数の求人に応募しても、不採用になっても繰り返し利用できる頼りになるシステム。
  • 面接日のスケジュール調整、事前準備に面接指導さらに面接日に同行するサービスも。
  • 薬キャリを利用した方のうち93%の薬剤師が満足と回答しています。
  • 事前に求人先の情報を調査済みです。ですのでミスマッチする可能性は極めて低いです。
  • 薬剤師の登録者数が非常に多いサイトですので、ぜひご利用ください。
マイナビ薬剤師
対応エリア 全国
サイト詳細 マイナビ薬剤師
  • 転職サイト総合1位の実力あるサイトだから、探していた求人がすぐみつかります。
  • 厚生労働大臣認可の転職支援サービスだから、信頼できて安心。希望の転職が実現します。
  • もっとお給料のいい求人をみつけたい!そんな時も優良求人情報の中から探せて安心!
  • マイナビ薬剤師を利用した薬剤師の96.4%が満足する結果が得られたと答えています。
  • 履歴書や面接のアドバイスまで、専門アドバイザーが相談にのってくれるから安心です。
  • 全国に網羅する情報網があるから、素早い対応が可能。希望の就職先を素早く探せます。
  • 企業の採用担当者に面接日の調整までしてくれるから、効率よく転職活動ができます。
  • サービス利用は無料!登録が済むと、即求人案内がきて、メールや電話での相談もOK。
ファルマスタッフ
対応エリア 全国
サイト詳細 ファルマスタッフ
  • ファルマスタッフは全国に店舗網をもつ上場企業の日本調剤が運営するサイトです。
  • 求職先に専門スタッフが足を運んで集めてくる情報だから確かな信頼性があります。
  • 医療ネットワークによって集める情報だから転職率満足度は90%を越えています。
  • 無料個別面談を行い、希望条件を丁寧にヒアリングして満足度の高い転職を実現。
  • 医療や薬剤業界に情報網を巡らせてあるので、転職後の失敗という不安がありません。
  • 薬剤師の状況に精通する専門スタッフが面接指導から面接に同行してサポートします。
  • 公開求人2000件、全国各地の非公開求人も多数。35,000人の薬剤師が利用しています。
  • カウンセリングを行う拠点数は業界でも№1。多くの実績に裏打ちされた安心感です。
ヤクステ
対応エリア 全国
サイト詳細 ヤクステ
  • 豊富な転職実績で、キャリア志向の人の仕事探しにぴったりなのがヤクステです。
  • 転職に有利な業界情報から休職先の条件交渉まで対応してくれる頼れるサービスです。
  • 専門コンサルタントのマンツーマンによるヒアリングで、離職率1%未満の実績!
  • 企業よりヤクステにのみ委託された非公開求人も多数。これがヤクステの実力です!
  • 小規模だからこそ痒いところまで手の届くきめ細やかなコンサルティングが特徴!
  • 登録料は一切不要!転職後のアフターフォローまでしてくれる安心なサービスです。
  • 土曜、日曜、祝日や夜間でも、アドバイザーとのカウンセリングは空いた時間でOK
  • エリア別、就職別、給与別と、希望条件が即座に検索できるシステムを採用しています。

ドラッグストアの薬剤師の求人が増えている理由

薬剤師として働いているけれど、今の職場に不満や働いている中での悩みがあるといった方は意外と多いのではないでしょうか。もちろん、転職することが必ずしも良いとは言い切れません。しかし、実際に転職をするかどうかは別として、現状の薬剤師についての転職事情を知っておくことに損はないでしょう。

現在、一般的に見ると、薬剤師の求人は増えています。

その理由の一つとしては、薬剤師が短期間で次々と転職してしまうことが挙げられます。例えば、人間関係がうまくいかない、仕事がハードの割りに給料が安い、などといった理由で辞めてしまい、次の転職先に行っても結局同じような状況でまた転職してしまい堂々巡りになってしまうといった具合です。

また、昔は薬を置いているのは、薬局か病院内の薬局ぐらいでしたが、最近は薬局だけでなく、ドラッグストア、ホームセンター、スーパーなど、いろいろな店で薬を扱うようになりました。その店舗数も全国的に増加の一途をたどっているようです。これらのドラッグストアなどのお店には、薬剤師がいなければ薬の販売は行えないので、必然的に薬剤師の求人は増えています。

ただ、このドラッグストアの薬剤師、と一言で言っても、様々なタイプがあります。なぜなら、ドラッグストアにも化粧品がメインのお店から、日用品がメインのお店など、ほとんど医薬品を扱っていないところもあるからです。しかし、たとえ少数であっても、医薬品を販売するには、必ず薬剤師がいる必要があると規定されています。よく、お店のカウンターに「ただいま薬剤師不在のため薬販売を控えさせて頂きます」といった札を見かけることがあります。これは、薬剤師がたとえ休憩として店を離れる場合であっても、医薬品の販売をしてはいけないからなのです。

ドラッグストアの薬剤師求人を探す時に便利なのが、薬剤師専門の転職エージェントです。その中でもオススメなのが、当サイトランキングでも1位のリクナビ薬剤師です。総求人数は35,000件を超えています。登録しないと見れない非公開求人もありますので、かなりの求人数を誇ります。費用は一切かかりませんので、ぜひドラッグストアの求人をお探しの方は登録されてみてください。